MENU

黒ゴマの健康に効果的な食べ方 セサミンのサプリメントがおすすめです

ゴマにもいろいろな種類がありますが、中でも黒ゴマにはセレンやアントシアニン、そしてセサミンといった抗酸化作用の強い成分が豊富に含まれています。まさに、抗酸化作用の宝庫とも言えるでしょう。
そんな黒ゴマは、私たち日本人にとっては、たいへんなじみの深い食材となっています。赤飯の上にかけたり、アンパンの上についていたり、さらには最近人気が高まっている黒ゴマプリンなどといったものに、黒ゴマの存在をよく目にするものです。
一般的に言って、黒ゴマにはアントシアニンと呼ばれる色素や、活性酸素を無毒化する働きを持つセレンという物質に加えて、もう一つ注目に値する重要な成分が含まれています。それがセサミンなのです。セサモールやセサモリンとともに、ゴマリグナンという名称で総称される物質ですが、非常に強い抗酸化作用を持っていると言われています。
黒ゴマに豊富に含まれているセサミンに期待できる健康効果は非常に多岐に及びます。例えば、効果的に疲労を回復させたり、悪玉コレステロールを減らすことによって生活習慣病を予防したりすることができます。また血圧や肝臓の数値を改善したり、辛い二日酔いを防止したり、さらにはしわやたるみなどを防止することによって美肌を作る効果があると言われています。
これほど多くの健康効果を備えている成分であるため、是非とも効果的に摂取したいと思うことでしょう。実際に、黒ゴマから直接必要なセサミンを摂取しようと思うといったいどれほどの量の黒ゴマが必要とされているのでしょうか。基本的に言って、一日に必要としている摂取量は10ミリグラムほどであると言われています。しかし、黒ゴマ一粒の中に含まれているセサミンは非常にわずかです。そのため、一日の必要量を満たすためには何千粒もの黒ゴマを食べなければならないということになります。
では、どれほどの量の黒ゴマを毎日食べることは実際にできるのでしょうか。もちろんできないでしょう。加えて、黒ゴマの半数以上は脂質からできています。つまり、一日に必要とされている量を一般の黒ゴマから摂ろうとすると、膨大な量のゴマを食べることになるため、それだけ多くの脂質を摂ってしまうことになります。カロリーは非常に高くなってしまうことでしょう。これでは食べ過ぎになり、ダイエットにも良くないどころか、健康面でマイナスになってしまいます。また、ゴマ油という形で摂取することもできますが、やはり十分な量を摂取しようと思うと、ゴマ油の過剰摂取になりカロリーオーバーといった結果になってしまいます。これでは、健康維持と言うよりも病気を引き起こしてしまうことでしょう。そこで活用するようすすめられているのがサプリメントなのです。
もちろん、一言で黒ゴマから作られたサプリメントと言っても、実に多くの種類があるものです。それら種類によって、含有量も異なっているため、一日に何粒のサプリメントを摂取しなければならないかは種類によって変わってくることでしょう。しかし、基本的に言って、サプリメント一粒から五粒程度で、一日に必要とされている量を満たすことができると考えられています。こうしたサプリメントを利用すれば、当然カロリーオーバーになることもないため、安心して摂取できるでしょう。
また、一般の黒ゴマから摂取しようと思うと、食べ方に工夫をしなければなりません。なぜなら、ゴマは固い殻に包まれており、その殻をかみ砕かなければ栄養を吸収することはできないからです。つまり、ご飯の上に振りかけて食べれば、栄養を吸収できるわけではないのです。仮に、しっかりかみ砕かないままゴマを食べたとしたら、肝心の栄養は吸収されることなく体外へ排出されてしまうでしょう。簡単に言えば、普通の黒ゴマから必要な栄養を摂取するのは非常に難しいということなのです。その点、サプリメントなら簡単に必要な栄養を摂取できるようになっています。黒ゴマの中から、必要なセサミンのみを抽出してサプリメントにしてあるからです。体に吸収されやすい形で配合されているため、一粒から五粒ほどの摂取でも必要量をしっかり摂れると言えるでしょう。
加えて、せっかく黒ゴマからできたサプリメントを飲むのであれば、できるだけ効果的な飲み方をしたいものです。そのためにできる事柄があります。その一つは、飲むタイミングに気をつけることでしょう。例えば、普段からよくお酒を飲む人であれば、お酒を飲む三十分ほど前に飲むようにするなら、肝臓の機能をさらに高めることができるでしょう。
また、黒ゴマの有効成分がより十分に吸収されるようにするためには、朝起きてすぐに飲むと効果的であると言われています。朝着たすぐの状態では胃の中が空になっているため、吸収しやすい状態にあるからです。朝一サプリメントを飲むことによって、黒ゴマの有効成分がしっかり吸収されるようにしましょう。