MENU

ごまの過剰摂取による副作用はあるの?

ゴマに含まれている成分として有名なセサミンは抗酸化成分でもある健康によいといわれていますが、ごまは消化の悪い食べ物としても知られていて炒りゴマなどを直接食べてもセサミンは殆ど体内には吸収されません。

 

そのためゴマを食べ過ぎても過剰摂取になる心配ありませんが、ゴマの食べすぎで気になる副作用は含まれているカロリーや脂肪分です。

 

ごまの主な成分は50%が脂質で20%がたんぱく質ですが、高脂肪高カロリーなのでダイエットにはむいていないとされています。
ただゴマ脂質に含まれているセサミンやリノール酸などは血液をさらさらにしたり中性脂肪を減らしてくれます。

 

この二つはすりゴマかごま油でないと体内に吸収されることは難しく、ごま油で摂取しても今度は油分の摂り過ぎになります。
副作用というほどではないですがゴマの高脂質で高たんぱく質は、セサミンを摂取するときにはマイナス面ともいえます。

 

また最近は子供のゴマアレルギーも増えているといわれていて、アトピー性皮膚炎起こした児童からはゴマアレルギーが見つかっています。

 

ごまは心臓病などを予防する健康食品でもありますが、これがメディアなどで報道されたことで子供のゴマ摂取量が増えすぎたのが原因ではないかとも言われています。

 

小さい離乳期の子供にはゴマを摂取させるのは避けたほうが良いとも言われていて、健康に良いからといっても離乳食にゴマやごま油を入れるのは不自然で、ゴマアレルギーのことを考えるとあまりよいことではありません。

 

ゴマを健康のために積極的に食べるのは大人になってからでも十分です。
よくサプリメントとしても販売されていますがその殆どが酸化防止剤としてビタミンEを配合しています。

 

ビタミンEは健康にも良い自然成分ですが過剰摂取すると副作用を起こすこともあります。
大学の研究グループによるとビタミンEの過剰摂取で骨粗しょう症リスクが高くなることがわかり、これはテレビでも報道されて話題になりました。

 

そのものには副作用は確認されていませんが、他のゴマ成分やビタミンEの摂り過ぎには注意が必要です。
普通に食べるには問題はありませんが、小さい子供の離乳の時期が過ぎてから与えるようにしたり、健康食品であるごま油もとりすぎには注意して、配合されているサプリメントはメーカーの1日摂取目安量を守ることが大切です。

 

これらのことに注意することで何の心配もなくゴマ成分を摂取することが出来ます。
どんなこともバランスが大切で、適度に摂取してゴマの健康パワーをほどほどに受けることが重要です。

 

健康効果も高く評価されていて研究でも注目されていてサプリメントとしても色々な製品が販売されています。
ごまから抽出されるので天然成分ですし、医薬品ではないため1日の摂取量に上限というのは特に決まっていませんが、目安量は大体1日8mgから10mgが最適といわれています。

 

これはごまだと3000粒でスプーンの小さじだとおよそ30杯分に相当します。
このことから1日に必要な量をゴマの料理だけで摂取するのはかなり難しくなります。

 

成分がぎゅっと凝縮されているごま油だと含まれている量も多くて、たくさん摂取すれば効率よく摂取できるのではないかと思うかもしれまえんが、ごま油だと大量に摂取することで油脂の過剰摂取になって逆にコレステロールやカロリー過多で健康に問題
が出てきます。

 

最も手軽に効率よく摂取するときにはサプリメントが最もおすすめです。
天然由来なので副作用もなくて安全ですが、これは逆に効果の出方には即効性はないことでもあります。

 

そのため一度に大量に摂取することですぐに効果を感じるわけではなくて、継続的に少しずつ飲み続けることで徐々に効果を実感出来るようになります。

 

摂取するタイミングなども決まっていませんが、食事の後や眠る前など決まったタイミングで飲むことで飲み忘れを防ぐことも可能です。

 

過剰摂取などでの副作用報告もなくて大変安全ではありますが、大量摂取すると人によってはトラブルが起きる可能性はあります。

 

最近ゴマアレルギーになる人が増えていることもこれが関係しています。
アレルギーになる原因はいまだに解明がされていませんが、自給率が低いゴマなので海外から輸入されたごまに残留農薬や防腐剤などの化学物質が付いていてそれを摂取することが原因になることもあるといわれています。

 

それ以外にもごま油などを中心としたゴマ製品が精製法によっては油が酸化してしまって、それが体に悪い影響を及ぼしているとも言われています。

 

健康によいといわれているごまですがアレルギーや過剰に摂取することでカロリーや脂質などを摂取しすぎてしまうので、食べるときもサプリメントを服用するときもきちんと摂取量を守るようにしたほうが良いです。

 

適度に摂取していくことで体にも良い影響を与えてくれます。
様々な効果が期待できるのでその効果を効率よく得られるようにしましょう。